マスターベーションを間違えるとEDに!?

男性にとってマスターベーション(一般的にはオナニー)は簡単に性欲を解消できる行為です。
性行為とは違う快感を感じることができるので毎日やっているという方も多いと思います。
そんなマスターベーションには色々な噂がありますが、なかでも注意したいものが「間違ったマスターベーションをしてしまうとEDになる」ということです。
読者の方は間違ったマスターベーションをしていませんか?

AVの見過ぎに注意!

マスターベーションのオカズの定番であるAV、最近ではAV動画も簡単に見ることができます。
AVは男性好みの顔や容姿をした女性が過激な演出で貴方のマスターベーションをサポートしてくれます。
なかにはマニアックなプレイであったり、現実離れした過激な演出もあります。
そんな世界にハマってしまうと現実の女性で射精することができなくなってしまい、結果的にEDになってしまう恐れがあります。
マスターベーションをする時は性行為をイメージしたり、ペニスをゆっくりと動かすことが大切です。

足をのばしてはいけない!

射精時の体は緊張している状態であり、さらに足をのばしてしまうと緊張が増し、体の硬直が強くなってしまいます。
そのため、射精しやすい体になってしまう恐れがあり、通常の性行為では物足りなさを感じてしまい、結果的にEDになってしまいます。
マスターベーションをする場合はあぐらをかいたり、性行為時の体位と同じ姿勢で行うことが大切です。

床でこすってはいけません!

床や壁など硬いものにペニスをこすりつけ、射精を行ってしまうと
膣内で射精することができなくなり、EDになったり射精障害を引き起こす可能性があります。
オナニーホールなど、膣内に似た感触が味わえる道具等でマスターベーションを行いましょう。

まとめ

男性にとってマスターベーションは性欲を解消するために必要な行為です。
特に若い方は刺激や快感を求めて、無意識にペニスをこする方が多いので注意が必要です。
一度、間違ったマスターベーションをしていないかを確認することがEDを防止する方法のひとつです。
もしEDかな?と疑いを感じている方は一度ED治療薬を使用してみても良いと思います。