ED治療薬の事故や事例

 

雑誌や漫画等でバイアグラという名前は世界的に知られていますが、
ED治療薬は医療医薬品の一つであり、勃起不全を治療する薬です。
薬は用法容量を守らずに使用してしまうと重度な副作用を発症させる可能性が高くなってしまいます。
特にED治療薬は「飲んだら勃起する」という誤った知識が広まっているため、色々と軽視されがちという声も多く存在します。
今回は事例や事故等に関する情報を掲載していきます。
これからバイアグラといった薬の使用を考えている方は、是非チェックしてみてください。

死亡事故もある

薬を飲むだけでは、命にかかわる副作用が起こることはありません。
しかし、他の薬と併用してしまうと激しい発作がでたり、命を落とす場合もあります。
特に注意が必要な薬は「ニトログリセリン系」の薬です。
ED治療薬と併用してしまうと薬の効果が効きすぎてしまい、最悪のケースを引き起こす事故も過去に起きています。
またED治療薬は血流を良くする効果があるため、同じような効果がある薬と一緒に併用してしまうと血圧が急激に下がってしまいますので、併用は絶対に避けるべきです。

用法容量を守る

これは一般的な薬と同じですが、ED治療薬も用法容量を守り正しく使用することが大切です。
ED治療薬は大量に摂取してしまうと心臓への負担が大きくなります。
海外ではED治療薬の大量摂取による死亡事故が多発しており、理由としては薬に対する知識に誤解があるからと言われています。
海外は日本よりも性行為をする習慣があり、長時間行為を行う方が多く、その際にED治療薬をサプリメントのように大量に摂取し、ペニスの勃起力を高めようとする方が多く存在します。
その結果、心臓発作を起こし死亡するケースが何度も報告されています。
ED治療薬は本来、安全性の高い薬であり、誤った使い方や用法容量を守ることでその効果を発揮してくれる薬です。
様々な死亡事故が報告されていますが、用法容量を守ることでしっかりとED治療を行うことができます。
これから薬を使用する方は正しい知識をしっかりと身につけて、薬を軽視することなく使用してください。